ワキガ

わきが手術のデメリットやリスクを体験談から解説!解決方法もご紹介します

わきが手術ってデメリットやリスクが多そうなんだけど、実際どうなのかな?

数あるわきが手術の中でも患部を切開して汗腺を切除するタイプの手術。

担当医師がアポクリン腺を切除する方式って、なんか色々とデメリットやリスクがありそう…今回は実際に私がわきが手術を受けた時に実感したデメリットやリスクを体験談からご紹介します!

デメリットやリスクの解決方法も合わせてご紹介していますので合わせて参考にしてみてくださいね。

ご紹介させて頂いている「わきが手術」とは、担当医師が患部の切開して汗腺を目視で切除する最もスタンダードな剪除法(皮弁法)のことを指します。保険適用になり比較的安価で効果的なわきが手術と言われています。

コンテンツにつきましては、あくまでもサイト管理人がわきが手術を受けた口コミ体験談となり、医学的根拠に基づいたものでは御座いませんのでご了承お願い致します。

手術時の麻酔注射が結構痛い!

まず、わきが手術で最初にびっくりするのが手術時に麻酔注射をするのですが、それがめちゃくちゃ痛いことです!

脇に複数箇所注射するので最初が痛い

麻酔は即効性があるようで、すぐに効き始めてくるのですが効くまでの2、3刺しがとてつもなく痛い!しかも両脇ですから痛みが苦手なかたは結構キツイです。

元々、脇って神経が少なくて鈍感とは言われていますよね。自分でつねってみてもそんなに痛みは感じない箇所なのですが、注射となると結構痛いです。

ブス〜ッと刺されるので私の場合は歯を食いしばってしまいました。ちょっと涙目になっていたと思います 笑

この手術さえ終わらせればわきがの悩みからは解消される!

と思って頑張るしかありません。

施術後に麻酔が切れた時、患部が痛む時がある

次に手術が終わって麻酔が切れた時にジンジンと痛むことがあります。

当たり前ですが、メスで切開して皮膚を裏返しにして汗腺を切り刻んでいるわけですし、その患部を何針も塗っているわけです。もちろん痛みが全くないなんてことはありません。

私の場合は、強烈に痛むということはなかったですが若干の痛みとなんとも言えない嫌な感じの違和感はありました。

とはいうものの、手術後1〜2日ほどすれば慣れてきたので必要以上に心配することはないと思います。

痛み止めと化膿止めは処方してもらえる

私が剪除法(皮弁法)の手術を受けたのは形成外科です。

術後に痛み止めと化膿止めを処方してもらえたので、痛みを感じる場合はある程度緩和されることが期待できると思います。

逆にもし、あまりに痛すぎて夜も寝られないなどの場合は医師に相談する必要があると思います。

術後に脇を固定するため日常生活に支障が出る

私がわきが手術で最もデメリットを感じたのが、脇を固定するために日常生活に若干の支障が出たことです。

詳細は以下の通りです。

脇を固定する期間は1週間〜10日間

わきが手術後の脇の固定には様々な固定方法があるようですが私の場合はタイオーバー固定といって脇に風船のようなクッション材を挟んで脇を開き気味に固定する方法でした。

両腕が外側に開き気味で、ヤンキーみたいな偉そうな歩き方になると言えば良いのでしょうか?笑 脇にタオルをクルクル巻いて挟んでいるような感じでした。

もちろん、患部に不要な力がかからないようにある程度固定されているので不自由さは感じます。それが1週間〜10日間続きますから正直辛いです。

抜糸するまで重い荷物が持てない

手術時の傷口が塞がって抜糸されるまでは、脇に負担がかからないように重い荷物を持つことや激しい運動には制限がかかります。

私は当時、会社員でルート営業をしていましたが、お客様に届ける商品の中には重いものが多く、その都度誰かに荷物運びを手伝ってもらわないといけませんでした。

無理して持つこともできるかもしれませんが、傷口が開いてしまったり縫った箇所が引きつって痛みがあったりする可能性もあったのであまり無理はしませんでした。

これも抜糸されるまで1週間程度かかりますから、面倒ですよね。しかもこの間は不自然な動きになったりと何かと「わきが手術」を受けた感が出ますから、同僚や友人に内緒にしている場合はバレてしますリスクがありました。

入浴するのに手間がかかる

手術後は1週間〜10日程度、抜糸されるまでの期間は入浴に支障が出ます。

患部をラッピングか防水処理をして入浴できますが、頭と下半身をシャワーして胸を拭きあげる程度が精一杯かと思います。もちろん風呂には浸かれませんから気持ち悪い思うをするかもしれません。

そのため担当医師からは、汗をかきやすい夏場よりも、少し涼しい春秋や、冬場にした方が良いと言われていました。

実際に私が施術を受けたのも11月でした。

何度か受診するために通わないといけない

わきが手術は1回の通院で終わりません。入院する必要はないのですが、術後も抜糸と消毒、経過観察で何度か通わないといけないので手術を受けた病院が遠方の場合は結構面倒です。

だいたいの目安として3回〜4回は通わないといけないと思います。また医院によっては経過観察として3ヶ月後、1年後に来てくださいね。

と言われることもあります。

ちなみに私は、3ヶ月後の経過観察までは行きましたが、1年後の経過観察については忘れていて行きませんでしたが、特に患部に不都合などなく過ごせています。

わきが手術で100%効果が出るわけではない

私の場合は、わきが手術はすごく効果があって成功したと思っています。

ですが、わきが手術は100%効果が出るわけではないと言われています。今回はそのリスクや理由をご紹介してみたいと思います。

担当医師の技量による

わきが手術は、担当医師が目視で汗腺を除去して行きます。

実際に施術を受けている時は、ジョキジョキと汗腺をどんどん切除している音がきこえてきます。両脇で3時間くらいかかりましたから結構手間のかかる手術なんだなと思いながら受けていました。

やはりこの点でも担当医師の技量によって手術の効果は左右されてくるのではないかなと思っています。口コミでも評判が良く実績も豊富で信頼できる医師と出会えるのが失敗しない方法なのかもしれません。

再発可能性もある

手術の時に、アポクリン汗腺が完全に除去されなかった場合にわきがの再発は起こりうるようです。目視手術ですから全部完璧に取り除けないときもあるようです。

ただ、わきが手術により確実に減臭していることが実感できると思いますから、本当に悩んでいるなら迷わずに手術を受けるべきです。

私の場合は、住んでいる地域でも腕が良いことで有名な医師がいる医院で施術を受けたこともあり、手術を受けれからもう5年ほど経過しますが再発するようなことはありませんでした。

体臭そのものは解消できない

体臭がキツイ人にあるそうなのですが、わきが意外にも体臭そのものが強い人はわきが手術をしても効果が実感できない!ということもあるようです。

酸っぱい汗臭さや、首や背中などから臭う皮脂臭や加齢臭についてはわきが手術をしても治りません。わきが臭は解消されたけど、他の体臭が残っているということもあり得ます。

ちなみに、わきが手術をしたら他の体臭がキツくなった!という口コミもありますが、わきが手術をしたからといって他の部位に汗腺が増えるわけではありませんから、匂いがキツくなるということはないと思います。

私も体臭にはかなり敏感になっていましたので、わきが臭がしなくなったら、今度は他の体臭が気になりだしたということはあります。

3年経っても傷跡が残る

もともと脇にはしわがあるので、傷跡は比較的目立ちにくい部位です。そのため誤魔化すことはできますが、傷跡が多少残ります

私は男性なので術後1年ほどで脇毛が生えてきたこともありある程度ごまかせていますが、手術後5年経ちますがよく見れば傷跡はわずかに残っています。

よく幼少の時についた切り傷が大人になっても残っていることってありますよね?

そんな感じです。

女性の場合は慎重に検討した方が良い

女性でノースリーブのファンションが好きな方は、切開するタイプのわきが手術は十分に検討された方が良いと思います。

徐々に傷跡が薄くはなっていくものの、手術後1年ほどははっきりと傷跡が残りますから脇の脱毛をされている女性は結構目立ちます。

わきが手術を受ける前に、施術後の傷跡について担当医師とよく相談した上で検討するようにしてください。医院によっては手術後の仕上がりについてモニター写真を見せてくれたりしますのでとても参考になると思います。

わきが手術した過去がバレやすい

傷跡には個人差がありますが、もし彼女や彼氏に傷跡を見られてしまった場合はわきが手術をした過去がバレる可能性がないわけではありませんよね。

私の場合は、バレていませんが何らかのタイミングで脇を見られてしまうとバレるリスクはあります。ちなみに私は手術後5年経って傷が残ってはいますが、わずかに残っている程度ですのでほとんどバレないと思います。

バレないほどになるにはそこそこの年月の経過が必要になるということですね。

脇毛はいずれ生えてくる

わきが手術をしたら脇毛が生えてこなくなるのか?というと、私の場合は1年くらいで脇毛がwakiga生えてきました。

わきが手術はアポクリン汗腺をメインに切除しますから毛根は生きていることが多いです。もちろん手術前よりも生える量が減ります。

わきが手術を受けても永久脱毛できない

わきが手術のメリットとして永久脱毛になるの?という口コミを見かけますが私が受けた剪除法の手術では永久脱毛になりませんでした。

脱毛を希望される場合は別途、脱毛サロンに行った方が良いです。

ただし、わきが手術の方式や施術する医院やクリニックによっては永久脱毛効果が得られる手術もあるそうなので、永久脱毛効果を希望されるのであれば、実際の担当医師に事前確認するようにしましょう。

わきが手術のデメリットを解決する

わきが手術(剪除法・皮弁法)でのデメリットをご紹介してきましたが、傷跡や術後の不自由さがちょっと不安だし、嫌だなという場合。

そんな時は、切らないわきが治療としてミラドライ・ビューホットでの治療がおすすめです。合わせてご検討されてはいかがでしょうか?

詳細は下記記事にてご紹介していますので合わせてご覧になってみてください。

ミラドライでおすすめの美容クリニックを比較!料金相場や施術時間をご紹介します 傷跡を残したくない 出来るだけ安く済ませたい 短時間で施術してほしい 術後に日常生活に支障がないように...